探偵作家・雑誌・団体・賞名辞典-ち-


チェスタトン,G・K(Gilbert_Keith_Chesterton)

1874年(明7)、イギリスのロンドン生まれ。
1887年(明20)、セントポール学院に入学し、親友のベントリーと知り合う。
1891年(明24)、同人誌「論客」を主宰。
1900年(明33)、絵画の技量にもたけていたチェスタトンは処女出版「滑稽漫画短詩集」を出版し、1903年(明36)の評伝「ブラウニング伝」で文名をあげる。
1901年(明34)、エッセイ集「有象無象を 弁護する」のなかに「探偵小説の弁護」を収める。
1905年(明38)から「絵入りロンドン新聞」のコラム「僕らのノートブック」が、死の直前まで30年以上も毎週掲載される。
また、B・ローンズの弟である評論家ヒレア・ベロックと交友を結び、バーナード・ショーから「チェスタブロック」を称された。
探偵小説としては、1905年(明38)の「奇商クラブ」をかわきりに発表。
1908年(明41)、「木曜の男」を発表。
1909年(明42)、英文学者の厨川白村が「現代英国文壇の奇才」のなかでチェスタトンをとりあげ、日本にはじめて紹介する。
1910年(明43)には「ブラウン神父」シリーズの第一作「青い十字架」を「ストーリーテラー」誌に掲載。
1911年(明44)、「ブラウン神父の童心」を刊行。
1917年(大6)、福原麟太郎が「青年雄弁」に「奇妙な足音」を「跫音」の題で訳し、日本に紹介する。
1921年(大10)、には「新青年」に浅野玄府が「青い十字架」を翻訳。のちに浅野玄府はチェスタトンの翻訳で有名になる。
1922年(大11)、ローマ・カトリックへ改宗。
1925年(大14)には自らの名前を冠した「G・K・ウィークリー」を創刊。
1928年(昭3)、イギリス探偵作家クラブの初代会長に就任。
1929年(昭4)、「詩人と狂人たち」を発表。
ローマ・カトリック的宗教観の立場から、執筆活動は多岐に渡り、ジャーナリズムの巨人と称される。H・R・F・キーディングからは「きらめく言葉を次々と噴火させた活火山のごとき存在」と称された。そのほか、ディケンズ、ショーなどを論じた文芸評論家としても業績は数多い。自分では詩作をもっとも高く評価していたが、現在ではブラウン神父シリーズをはじめとする探偵小説がもっとも広く知られている。逆説と機知に富み、トリックも豊富である。江戸川乱歩ポーと並んで最も高く評価した探偵作家のひとり。
1936年(昭11)、死去。


千葉淳平(ちば・じゅんぺい)

本名山田真一。1924年(大13)、東京帝国大学工学部卒。
1962年(昭37)、「或る老後」と「ユダの窓はどれだ」が宝石短編賞の第一席に入選し、「別冊宝石」に掲載。

幻影城掲載誌:54


チャンドラー,レイモンド(Raymond_Chandier)

1888年(明21)、アメリカのイリノイ州シカゴ生まれ。両親の離婚後、母とともにイギリスに渡る。ダリッジ・カレッジ時代は最優秀成績を収めた。
1912年(大1)、アメリカに渡り、企業の会計係、軍隊、金融業、ジャーナリズムなどにたずさわったり、小説を書いたりしたが、大成せず、ダブニー石油の副社長となる。18歳年上だが、美しい妻シシーを持ち、高級車を乗り回す成功者だったが、大恐慌の直撃をうけ、また、浮気が原因で、1932年(昭10)に首になる。
1933年(昭11)、「ブラックマスク」に「脅迫者は撃たない」を発表。
1939年(昭13)、「大いなる眠り」を発表し、ハリウッドからも注目される。
1943年(昭18)にはハリウッドに赴き、1946年(昭21)、パラマウント映画のためにオリジナル脚本「青いダリヤ」を執筆。
1944年(昭19)、「素朴なる殺人芸術」を「アトランティック・マンスリー」に発表し、イギリス式の本格探偵小説を攻撃する。
1949年(昭24)、「かわいい女」を発表。
1950年(昭25)から「高い窓」「湖中の女」などが訳されている。
1953年(昭28)、「長いお別れ」を発表し、1955年(昭30)にアメリカ推理作家クラブ賞最優秀長編賞を受賞。
1954年(昭29)、妻のシシーが死去すると、アル中になり、自殺未遂を繰り返す。
1959年(昭34)、アメリカ推理作家クラブの会長に推される。
1959年(昭34)、気管支炎で死去。


千代有三(ちよ・ゆうぞう)

本名鈴木幸夫。1912年(明45)、大阪市生まれ。早稲田大学英文科卒。早稲田大学文学部名誉教授、跡見学園短大学長。「文学者」同人。ペンネームは「カンタベリ物語」のジェフリ・チョーサーをもじったもの。ゴルフの会の「蟻這会」会員。
1949年(昭24)、日本探偵作家クラブ新春の例会に、高木彬光の出題した犯人当て小説で、二年連続して一等をとる。その後、みずから出題者となり、執筆したのが、1951年(昭26)、「痴人の宴」で、この作品を「宝石」に発表。
1957年(昭32)、仁賀克雄に請われ、ワセダ・ミステリ・クラブの会長に就任。大藪春彦を発掘する。
1958年(昭33)、角田喜久雄を中心に、大河内常平楠田匡介中島河太郎日影丈吉山田風太郎山村正夫らで親睦会「例の会」を結成。
1980年(昭55)、本名で「英米の推理作家たち」を発表。
英文学者でありながら、本格派として活躍。ほかに、翻訳・研究多数。江戸川乱歩島田一男香山滋渡辺剣次、楠田匡介、中島河太郎、荻原光雄、岡田鯱彦鷲尾三郎とともに「十人会」を結成していたこともある。
1986年(昭61)、心不全のため死去。

幻影城掲載誌:4/7/13/別冊幻影城掲載誌:2/


陳舜臣(ちん・しゅんしん)

1924年(大13)、神戸生まれ。本籍台湾台北。大阪外事専門学校インド語科卒。一級下の蒙古語科に司馬遼太郎がいた。当初は学者志望で西南アジア語研究所の助手となり、日印辞典の編纂をおこなっていたが、終戦とともに国籍が台湾に移ったため、国立大学の教授になる道が閉ざされる。不在クラブ会員。
1961年(昭36)、「枯草の根」で、第7回江戸川乱歩賞受賞。また、この作品は「ヒッチコック・マガジン」の1961年ベストで10位に選ばれている。さらに1961年(昭36)に第46回直木賞候補となる。
1962年(昭37)に「小説中央公論」に発表した「方壷園」が1963年(昭38)に第16回日本推理作家協会賞の候補となる。同時に日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1963年版」に収録される。
1962年(昭37)に刊行した「三色の家」が「ヒッチコック・マガジン」の1962年ベストで6位に選ばれる。
1963年(昭38)に「オール読物」に発表した「天山に消える」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1964年版」に収録される。
1964年(昭39)に「小説現代」に発表した「桃源遥かなり」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1965年版」に収録される。
1965年(昭40)に「オール読物」に発表した「スマトラに沈む」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1966年版」に収録される。
1966年(昭41)に「オール読物」に発表した「炎に絵を」は「影は崩れた」とともに第20回日本推理作家協会賞の候補となる。同時に第56回直木賞候補となる。
1966年(昭41)に「小説現代」に発表した「神獣の爪」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1967年版」に収録される。
1967年(昭42)に「推理ストーリー」に発表した「狂った手鉤」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1968年版」に収録される。
1968年(昭43)に「別冊文芸春秋」に発表された「青玉獅子香炉」が、1969年(昭44)に第60回直木賞受賞。
1968年(昭43)に「オール読物」に発表された「紅蓮亭の狂女」「濁った航跡」が1969年(昭44)、第22回日本推理作家協会賞の候補となる。
1970年(昭45)に「小説現代」に発表した「謀略文禄・慶長の役」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和45年度」に収録される。
1969年(昭44)に「オール讀物」に発表した「疑わしきは…」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1970年版」に収録される。
1969年(昭44)に刊行した「玉嶺よふたたび」「孔雀の道」が、1970年(昭45)、第23回日本推理作家協会賞を受賞し、乱歩賞、直木賞とあわせて、ミステリー界の三冠王をはじめて達成する。
1970年(昭45)に「小説新潮」に発表した「古印譚」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1971年版」に収録される。
1971年(昭46)に「小説現代」に発表した「胡蝶の陣」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和46年度」に収録される。
1971年(昭46)、「実録・アヘン戦争」で第25回毎日出版文化賞を受賞。
1971年(昭46)に「小説サンデー毎日」に発表した「枇杷の木の下」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1972年版」に収録される。
1972年(昭47)に「別冊文藝春秋」に発表した「宝蘭と二人の男」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1973年版」に収録される。
1972年(昭47)に「オール読物」に発表した「宿世の縁−中国任侠伝−」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和48年度」に収録される。
1973年(昭48)に「オール讀物」に発表した「長い話」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1974年版」に収録される。
1974年(昭49)に「小説現代」に発表した「なつかしい男」は日本文藝家協会の「現代の小説 1974年度後期代表作」に収録される。
1974年(昭49)、神戸市文化賞受賞。
1975年(昭50)に「小説現代」に発表した「日本早春図」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1976年版」に収録される。
1976年(昭51)、「敦煌の旅」で第3回大佛次郎賞を受賞。
1976年(昭51)に「カッパまがじん」に発表した「背負って走れ」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1977年版」に収録される。
1978年(昭53)に「小説新潮」に発表した「名品絶塵」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和54年度」に収録される。
1982年(昭57)に「小説新潮」に発表した「枯葉のダキメ」は日本文藝家協会の「ザ・エンターテインメント 1983」に収録される。
1983年(昭58)、「姚雪垠の叛旗・小説「李自成」」訳により第20回翻訳文化賞受賞。
1983年(昭58)に「小説新潮」に発表した「四人目の香妃」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和59年度」に収録される。
1984年(昭59)、第36回NHK放送文化賞受賞。
1984年(昭59)に「小説新潮」に発表した「キッシング・カズン」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1985年版」に収録される。
1986年(昭61)に「小説新潮」に発表した「へらず口二十世」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和62年度」に収録される。
1987年(昭62)に「オール読物」に発表した「日鋳の鏡」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和63年度」に収録される。
1987年(昭62)に「オール読物」に発表した「崖門心中」は日本文藝家協会の「現代の小説 1988」に収録される。
1988年(昭63)、「茶事遍路」により、第40回読売文学賞随筆・紀行賞受賞。
1988年(昭63)に発表した「蟹の眼」は日本文藝家協会の「現代の小説 1989」に収録される。
1989年(平1)に「オール讀物」に発表した「金に換えず」は日本文藝家協会の「現代の小説 1990」に収録される。
1990年(平2)、日本国籍を取得。
1991年(平3)に「小説新潮」に発表した「西施」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 平成4年度」に収録される。
1992年(平4)、「諸葛孔明」により第26回吉川英治文学賞受賞。
1993年(平5)、朝日賞受賞。
1994年(平6)、日本芸術院賞受賞。
1994年(平6)に「小説中公」に発表した「錦瑟と春燕」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 平成7年度」に収録される。
1996年(平8)、芸術院会員。
1998年(平10)、勲三等瑞宝章を受賞。
2001年(平13)に「小説新潮」に発表した「薛濤−中国美女列伝−」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 平成14年度」に収録される。
2004年(平16)に「小説新潮」に発表した「董妃」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 平成17年度」に収録される。
探偵小説から出発して、日本を代表する作家。

作家が語る探偵小説観/日本長編推理小説ベスト99/


戻る進む